電波暗室 EMI(電磁ノイズ)EMS(耐電磁性)の多目的測定機能を実現

電波暗室について

電波暗室とは、シールドルーム室内に電波吸収体を取り付ける事により、シールドルームでは防ぐことのできない電磁波の乱反射を抑え、自由空間に近い環境を目的とした設備です。
JSEの電波暗室は大型から小型までEMC測定を目的としたEMC用電波暗室やアンテナ評価、設計用のマイクロ波用電波暗室および車載機器評価用の電波暗室まで各種取り揃えております。
JSEでは各種電波暗室の設計、製造から現地施工および検査試験まで社内一貫して行っており、各分野専門のスタッフを配置し、ご要望に対して迅速な対応・サービスでお応えできるよう努めております。

  • 3m法電波暗室
  • 簡易電波暗室
  • マイクロ波電波暗室
  • 車載機器用電波暗室

JSEの電波暗室

EMC電波暗室

現在、EMI測定については地上デジタル放送の影響により、オープンテストサイトでの測定需要が激減し電波暗室での測定が増加しております。
また強電界を要するイミュニティ試験については電波法規則によりオープンテストサイトでは実施できず、電波暗室は必須の設備といえます。
また、一部の規格では周波数1GHz超への適合が要請されておりますが、JSE製の電波暗室で、これまで1GHz以下の設備を導入されているお客様は、JSEのピラミッド型電波吸収体を取り付け併用することにより、実現することが可能です(電波暗室の種類により不可の場合もございますので、ご了承下さい)。

マイクロ波電波暗室

アンテナの評価および設計についても、EMC電波暗室と同様にマイクロ波用電波暗室の必要性は必須です。
 JSEのマイクロ波電波暗室用ピラミッド型電波吸収体は、優れた電波吸収特性を持ち、当社独自の設計により最適な電波環境を構築し、目的に応じた電波暗室をご提供いたします。
 また、EMC電波暗室とアンテナ評価用電波暗室の両者を兼ねた多目的電波暗室の設計、施工も可能ですので用途に合わせてご提供いたします。

 

  • 取り扱い製品
    • 電波暗室
    • シールドルーム
    • 電波暗箱/シールドボックス
    • 電波吸収体
  • 規格から見る取り扱い製品
  • 測定業務
  • 移設について
  • アフターメンテナンス

お問い合わせ

西日本

TEL:06-6998-7771

大阪本社

〒570-0043
大阪府守口市南寺方東通り4-12-22

東日本

TEL:03-5820-0540

東京営業所

〒111-0052
東京都台東区柳橋2-6-2-204